日本で初のアルミ製高貴薬容器を明治34年(1901年)に製造して以来、当社は容器メーカーのパイオニアとして、優れた容器の創造を探求してきました。使う人の立場から理想のカタチを追求し、新しい形状、新しい機能、新しい加工をいくつも実現。容器の総合メーカーとして、人びとの暮らし、文化、産業の発展に役立つ製品と技術の開発に努めてきました。これからも機能的で美しい、独創的な容器づくりに挑戦し、「どこにもない容器づくり」をめざしてまいります。容器のことならなんでも、当社へご相談ください。

お知らせ
2022年06月10日 当社における新型コロナウイルス感染者の発生および対応について
(PDF)
2022年06月14日 <株主各位> 本日現在、第73回定時株主総会に関する事業報告、計算書類に修正事項はございません。